ホーム | お問合せ | 会員専用ページ

広報委員会

2004年9月8日 【 台風18号被害状況 】
須磨ヨットハーバーを前回の台風16号と同じ南西の暴風と堤防を大きくこえる波浪が、9月7日午後4時から8時頃まで襲いました。風の強さは台風16号より強く波浪も高かったが、小潮で水位は桟橋電気設備下部が浸かるぐらい。(西原副所長談)
被害は、艇破損1艇が確認できている。その他は大きな被害は無いようです。
西側最南端(E桟橋)の杭係留艇が杭に串刺しになるように乗り上げ約40センチ大穴が開いているが、喫水線より上部であったので浸水は免れている模様です。
その他艇の接触・舫索の切れなどは夜間であったので確認できていません。
北ハーバーは、前回と同じく索固定していない艇が約5艇がひっくり返っており、ゴミがヤードに散乱している。
ハーバーとの電話は不通であったので夜9時ごろハーバーに行きましたが、停電の暗闇、間段なく吹く強風の中で繋留ロープ確認・補強に管理事務所職員が走りまわっていました。ご苦労様です。謝意!

秋田 和慶

  
ホーム | お問合せ | 会員専用ページ
Copyright © Suma Yacht Club. All Rights Reserved. 管理者ページ | テンプレート by ネットマニア